電話応対時間もさまざま!早朝や深夜も対応しているところも

営業時間外の電話対応に活用できる

一般的な企業では、営業時間内は社内にいる従業員が電話対応をしているので、特に不都合はないでしょう。しかし、営業時間外に電話がかかってくることもあります。誰もまだ出勤していない早朝や、全社員が帰宅している深夜などは、電話がかかってきても対応することができません。営業時間外にかかってくる電話の本数が多い場合は、売上や顧客満足度にも影響するおそれがあります。そこで、電話代行サービスを時間外だけ利用することで、これまで取りこぼしていた電話にも対応できるようになります。代行会社のオペレーターが代わりに要件を聞いて、その内容を報告してくれるのです。その報告をもとに、営業時間内に折り返すことができますよね。

365日24時間対応が必要な仕事にも最適!

トラブル対応に携わる仕事は、365日24時間受付可能な電話窓口を設けていることが多いですよね。キッチンから水もれしている、社内のサーバーがダウンした、鍵をなくして自宅に入れない、など予測不可能な事態に迅速に対応する必要があるからです。業種としては、水道業者や不動産管理会社、システム開発会社などがあげられます。従業員数の少ない会社の場合、本来の業務をこなしつつ、電話対応を当番制で回すとなると、従業員への負担が大きくなりがちです。また、夜間の時間帯に電話番をしていても、1件も電話がかかってこないケースもあり、非効率ともいえます。365日24時間対応の電話代行サービスを利用すれば、従業員の負担やコストを削減できるでしょう。